趣味編

新たなジャンルの音楽で人生をより豊かに!音楽ストリーミングサービス・dヒッツの魅力

dヒッツ

今回は「ノーミュージックノーライフノー女子力」をテーマにお話しします。

今日のジャンルは「趣味」。
多趣味な人や一つの趣味にとことん打ち込んでいる人はやはり魅力的に映ります。
特に趣味がない~という方に、今日は音楽との新たな出会いという趣味を提案します。

まず、いの一番にありがちな誤解を解いておきますね。
今日ゴリ押ししていく「dヒッツ」のサービスですが、ドコモユーザー以外の方も使用できます。
「ドコモをつかっていないから」という理由でdヒッツを諦めていた方!スマートフォンをお持ちであればどなたでも利用できますよ。私は別キャリアを使用していますが、ガンガンdヒッツ使ってます。

もはやdヒッツないともう生きていけません。

音楽が与える私たちへの影響

音楽には、ヒーリング作用があります。自分の乱れた精神を整えてくれる。
また、その逆もしかりです。冷めた心にエキサイトを与えてくれるはたらきもある。

ラーメン屋さんの話、知っていますか?
金曜の夜や土日昼間など、お店の回転率を上げたいときは、アップテンポの音楽を店内に流すことが多いのだそうです。反対に、平日午前など、お客さんの滞在時間を長くしたいときは、バラードなどゆったりとした曲を選ぶのだとか。
私たちは音楽というものにいいように動かされています。それは、私たちの意識で自分たちの心や気持ちの持ちようをどうにでもコントロールできるという意味でもあります。

音楽は、つまらない日々にスパイスを与えてくれます。折れそうになった心に絆創膏を貼ってくれます。泣きたいときは寄り添ってくれます。
音楽があるかないかで、私たちの生活の豊かさは180度変わってくるのです。

いつでも新しい曲に出会える

昔は、レコードなんて高価で気軽に買えませんでした。CDが出てから、若干お求めやすい感じになったものの、やっぱり「お小遣いを貯めて買う」ような特別なものでした。

それからMDが出て、自分の好きな曲をダビングしてMDプレーヤーを持ち歩くようになり、iPodを代表するポータブル音楽プレーヤーが出て、
今見てくださいよ。携帯電話で好きな音楽がいつでも聴けるようになっちゃいました。
好きなものがなんでもすぐ手に入りすぎるようになっちゃって、なんかちょっと怖いです。

でも多分、これまだ最終進化系じゃないですよね。10年後は「昔はスマートフォンっていう機械で音楽聴いててさ~」とか言ってるんでしょうね。
これ以上どう便利になるんだろう。便利になりようがなくないですか?aiko想像しながら息吐いたらカブトムシ流れてくるとかですかね。それもはやもう人間が進化してますよね。

話それましたが、少なくとも10年前は考えられなかった「いつでも聴きたい曲を聴き、いつでも新しい曲に出会える」dヒッツのご紹介です。

dヒッツ(ディーヒッツ)って何ぞや?

dヒッツはいわば「音楽の婚活パーティー」です。今風にいうと「音楽のマッチングアプリ」とでも言いましょうか。
その人(曲)のプロフィールをちらっと見て(試聴)、良い人そうだなーと思ったらお気に入り登録(笑)。トップ画面にはおすすめのお相手が雰囲気別、年代別に紹介されています。

また、dヒッツの魅力は、オフラインでも出会いがあること。私自身、現在、機内モードでかつWi-Fiも接続していない状態ですが、今この瞬間も新しい曲に出会っています。
さっきまでボヘミアン・ラプソディー観てたんですけど、なんか画面が映らなくなっちゃったんで、ソッコーdヒッツに切り替え。
となりの席はおじさんですが、dヒッツはイケメン揃いですよ。

え?なんで?なんでインターネット接続してないのに新しい出会い?

まあまあ、落ち着いてください。

他のストリーミングアプリとの違い

プログラムごとのダウンロードが可能!

dヒッツは、プログラム保存という機能があります。プログラムというのは、曲の福袋みたいな感じ。当然どんな曲が含まれているのかは、保存前に確認できます。だからまあ、透明な袋に入った福袋みたいな感じでしょうね。お得!!
例えば「マツケンサンバ」で検索すると、その楽曲名/アーティスト名を含めた曲の詰め合わせ(=プログラム)が表示されます。
プログラムは特定のアーティストの楽曲詰め合わせの場合もあれば、通勤中に聴きたい曲特集、恋の歌特集などテーマに分かれているものもあり、その数は6,000以上にも及びます。

また、プログラムは携帯のキャパシティが許す限り無限にダウンロードできます。
が、パケ代を食いますので、ダウンロードの際はWi-Fi接続しましょう。Wi-Fiが接続されているときにダウンロード貯めをしてしまえば、外出先で通信料をかけずに聴くことができます。

プログラム保存システムのメリット

プログラムごとのダウンロードのメリットは、今まで聴いたことがなかったジャンルやアーティストの音楽を、オフラインで聴くことができる、というところ。

今、仮に特定の単語の意味を知りたい、というとき、インターネットで検索すれば一発で出てきますよね。便利な一方で、新しい言葉との出会いが減ったなって思います。
例えば「音楽」という言葉を紙の国語辞典で引いたら、そのひとつ前の「遠賀川(おんががわ)」が自然と目に入ってきます。そこで、遠賀川という川が福岡に流れていることを知る。
これ、インターネットでピンポイントに調べてしまうと知りえない情報です。

遠賀川なんて知らなくても生きていける!って思うかもしれませんが、例えば10個の単語を調べたとき、10個の新しい言葉との出会いがあるかもしれない。100個調べれば+100単語の知識。前後合わせればそれ以上です。どうですか、辞書引っ張り出したくなりません?

dヒッツは、聴きたい曲に関連したプログラムが表示されるので、似たジャンルや曲調など自分の好みのタイプと出会いやすい。思わぬ新しい出会いがあるから、やめられない。

プログラムじゃなくて、その一曲だけ保存したいんですけど?
という場合は「myリスト」機能を使用します。myリストに保存しておけば、その曲が聴きたくなった時にいつでも再生することができます。

dヒッツ(ディーヒッツ)のウレシイ特徴

音質がかなり良い

高音質とか低音質とかよく言いますけど、その定義って割とあいまいですよね。
音のクリアさで言うと最近のオーディオ音源は本当にどれも聴きやすくて、不便ないです。
昔のカセットテープのような音は今は探すほうが難しいですよね。
あれはあれでたまに聴くと味があって良いですけどね。

これはあくまで私の個人的な見解なので、科学的根拠も何もないですけど、音質が良いかどうかって、低音が響いてくるかどうかじゃないかなーって最近思います。
曲を支えている低音が聞こえてくると、その楽曲の本来の深みが出てくるような。
dヒッツは、その深みというか、3D感が感じられるんですよね。dヒッツさん自身も音質にはこだわっていると謳っています。
これが持ち運べるんですからね。すごい時代です。

バックグラウンド再生がある

インターネット上で再生した音楽って、インターネットを閉じると音楽も途切れてしまいますが、dヒッツは画面をオフにしても流れ続けてくれます。また、ロック画面に再生している楽曲名と操作ボタンが表示されます。一度再生すると、いちいちアプリを開いて操作する必要がないので、便利ですね。

試聴が別枠

これ、地味に個人的に好きな機能なんですけど、好きな曲を聴きながらプログラム検索をして、あ、この曲気になるなーちょっと試聴したいなーって時。ま、ちょっと浮気したくなっちゃうときですね。
その曲の試聴ボタンを押すと、自動的に今まで聞いていた曲が「一時停止」となり、曲の試聴が終わるとそれまで聴いていた曲が続きから再生されるという仕組み。つまり、停止して再生して戻って操作してあれ何の曲聴いてたっけ?みたいなわちゃわちゃがない。
すごくスタイリッシュで聴く側の人のことを考えてくれてるなーって思いますね。

楽曲に関連したニュース記事が表示される

これ、楽しいです。例えば星野源さんのプログラムリストを開いたら星野源さんに関連したニュース記事が読めるのです。音楽を聴きながらその曲を歌っている人の人となりや最近の出来事、時には楽曲制作に至る思いなどを知ることができたり、今世間で何が流行しているのかをチェックすることができたりと、音楽ストリーミングだけでサービスが完結していないのが、また思慮深いというか、芸が細かいですね。

おすすめジャンル別楽曲ベスト3!

ここからは私の個人的なおすすめ楽曲をご紹介します。

🎧感傷に浸りたいときベスト3

▶悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)/桑田佳祐
 これね、すごい不思議な曲なんですよ。タイトルを見ると暗そうな感じじゃないですか。歌詞も、昔の恋人が忘れられないひきずり男子の悲しい気持ちを綴っているのですが、この曲を聴いた後に残るのは、ちょびっとのしんみり感と、大きな爽快感なんですよね。だから全然暗い気持ちにならない。あの頃はああだったな、でもいい思い出だな、と感傷に浸るには最高の曲です。

▶Dear/大江千里
これも切ない思いを明るく歌ってます。一流のアーティストは明るい曲調の中にほろっと泣けてしまう隠し味を入れるのが上手ですよね。家族でカラオケに行ったときに父が歌っていて一目惚れ(一聴き惚れ)した曲です。
初めて聴くのに、どこか懐かしさを感じる・・・そんな曲です。

▶ずっと読みかけの夏 feat.CHEMISTRY/冨田ラボ
 この曲は少年が年上の女性に恋をするが、見ていることしかできないという胸がきゅうっとする曲です。PVには若かりし本郷奏多くんがその少年役で出演しています。聴いたことない人は、とにかく、聴いてくれ。初恋の切ない甘酸っぱいあの気持ちをもう一度味わうことができます。
冨田ラボは、音楽家の冨田恵一さんが立ち上げたセルフプロジェクトで、CHEMISTRYの他にもユーミンや平井堅さんなど錚々たるメンバーをボーカリストとして迎え、数々のCDをリリースしています。

🎧アニソンってバカにできないっすねベスト3

▶プラチナ/坂本真綾(カードキャプターさくら)
曲の始めからこれからの歌の展開に期待を持たせる入り方をしてきます。
カードキャプターさくらのアニメ自体の対象年齢は割と若めかなーと思うのですが、子どもだまし感が一切ないオープニングで目耳を奪われてしまいます。
後半の盛り上がりからのわくわく感がなんとも言えません。

▶星間飛行/ランカ・リー=中島愛(マクロスF)
気づいたらサビ。気づいたら引き込まれる。気づいたらキラッ。
「流星にまたがってあなたに急降下」ですよ。「私たち花火」ですよ。命がけで大切な人を守りたい(守ってるのか、これ?)気持ちがストレートすぎるくらい歌詞に表れてますよね。
聴けば聴くほどもっと欲しくなる、ものすごく中毒性のある曲です。

▶勇気100%/菅野 穣(忍たま乱太郎)
定番ですみません。でも入れずにはいられない名曲でした。
イントロにあわせて爆弾の導火線が燃え進んでいくあのオープニング、よく見ていたという方も多いのではないでしょうか。
さあ頑張ろう!っていう曲って、結構敬遠されがちなところあると思うんですけど、この曲は万人に勇気を与える曲じゃないかなーと思います。
月曜の朝など、気持ちを上げていきたいときにはとてもいい曲です。

🎧片思い切ないやんけベスト3

▶慟哭/工藤静香
友達の彼が女の子とお付き合いを始めて、私にそれを一番に打ち明けるが、涙が止まらず気が付いた。友達なんかじゃなかった…ああ~、切ない。
「おまえも早くだれか探せよ」ですよ。ほっといてくれ!!涙

▶彼女の恋人/槇原敬之
ずっと好きだった女の子は、自分の一番の親友の彼女。ありがちな話ですが、マッキーワールド全開の歌詞と曲調に、親近感を覚えます。
それにしてもこの彼女、彼氏の男友達の車に2人きりで乗るなんて…小悪魔です。

▶君はロックを聴かない/あいみょん
最近話題のあいみょん、押さえてますか~?
君はロックなんて聴かないって知ってるけど、自分があんなことやこんなことを乗り越えてきたこの曲を聴かせたい。共感してほしい。という男性目線の恋の歌。新鮮な恋する気持ちを取り戻させてくれます。

🎧海外の男性の美声に包まれて泣きたいときベスト3

▶The One/Backstreet Boys
ご存知バックストリート・ボーイズの隠れた名曲です。I Want It That WayやShape of My Heartは割と有名ですが、MILLENIUMという同じCDに収録された曲です。
君の悲しみを照らす光になる、というまっすぐな思いを歌にした曲で、まさに包まれる感じ。寂しい夜にお酒を飲みながら聴いたら間違いなく泣いてしまうので注意。

▶Jenny/The Click Five
わがままなジェニーに振り回され、すぐに気が変わる彼女に言いなりのまま、どうすることもできない。歌詞には一切「ジェニーが好き」という表現は出てこず、そればかりかジェニーへの文句しか綴られていないんですけど、ジェニーへの大きな愛と男性の大きな心がじんじん伝わってきます。

▶Bad day/Daniel Powter
これはご存知の方も多いかもですね。仕事で失敗しちゃった日、人間関係がなんかちょっとうまくいかなかった日の終わりに聴いてほしいです。
今日はついてなかっただけ。みんなが君の本当の良さを分かってる。頑張りすぎる必要なんてないのだ。という、いい意味で力の抜ける曲です。

私の陳腐な表現力では楽曲の良さを伝えきることができません。
著作権の関係で本記事に楽曲を埋め込むことができないことも非常に歯がゆく思います。
良ければお試し期間中にでも私の選曲センスをチェックしてみてください。😙

個人的なおすすめdヒッツプログラム

▶ポカリスエット歴代CMソング
さすが清涼飲料水のCMってだけあって、すごく疾走感のあるさわやかな気持ちになれます。気分転換をしたいとき、気持ちを切り替えたいときにおすすめのプログラム。

▶女子力アップCMソング♪
これをこのサイトで入れないわけにいかないでしょ。懐かしいCM曲から初めて聴く曲まで幅広く収録されています。化粧品やシャンプーのCMに起用されていたキラキラ曲。これを聴けばレディランクアップ間違いなし!

▶DEPAPEPE(アーティスト)
歌声のないインストゥルメンタルユニットなので、作業用のBGMに良いかな~と思ってこの記事を書きながら再生しましたが、気が付いたらパソコンから離れて踊っていました。ギターだけで奏でる、ギターだけとは思えない音の深みが最高。作業用には不向きです。

とりあえず無料で試してみましょ🎵

dヒッツは、更新頻度がかなり高いです。毎回ログインするたびに、トップページのプログラム特集が変わっています。
使い勝手を確認したい方、ちょっと気になっちゃってる方は、とりあえずお試し無料登録してみましょー。無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。
で今、無料お試し期間が7日間から31日間に増えてます…しれっと…
こういうのがあるから日本の企業って親切ですよね。
 
あなたのお気に入りのプログラム、楽曲を見つけて、充実した音楽ライフを満喫しちゃってください!